本日 9 人 - 昨日 13 人 - 累計 26321 人 サイトマップ

Harry Potter and the Goblet of Fire/J.K.Rowling

2001年10月08日(月)
20011008
Harry Potter and the Goblet of Fire/J.K.Rowling
---+---+---+---+++---+---+---+---

約800ページの大長編を、やっと読み終えた。途中で放りだしたりしながらも、結局はまたはまる。

今回は、クィディッチのワールド・カップあり、命をかけた魔法のトーナメントありと、盛り沢山なのだが、物語の始まりはいつもと違う。冒頭で、闇の魔法使いヴォルデモートの復活を匂わせている。

なぜ、年齢に達していないハリーがトーナメントに出るのか?まずそれが大きな疑問だろう。その答えもまたあれこれ絡み合った、ややこしい話の中に、隠されている。謎解きとは違って、つじつま合わせのような気もしないではないが、物語に引きこまれることは間違いない。それに、今回は泣いた。よりにもよって、そんな!という感じ。

しかし、ハリーはとても立派に育っているようで、最後には胸がジーンとする。今度はどうやってダーズリー一家のもとを逃げ出すのだろう?ダンブルドアは夏休みの最初から、ロンの家に行くことを許さなかったが、そこにも何か隠された理由があるのだろうか?早くも5巻が楽しみだ。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):