本日 5 人 - 昨日 34 人 - 累計 31863 人

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 秋冬篇/ヘレン・フィールディング

2001年08月03日(金)
20010803
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 秋冬篇/ヘレン・フィールディング
--- --- --- --- --- --- --- ---

内容(「MARC」データベースより)
楽観主義は健在だけど、やはり内面の安定ははかれない。(とほほ)。恋や仕事の悩みを笑い飛ばすブリジット症候群ただいま急増中。春夏篇に次ぐ下巻。


超!嫌な女、レベッカにボーイフレンドをとられてしまったブリジットは、友達のシャロンとタイに旅行に行ったはいいが、麻薬所持の疑い(無実の罪!)で、刑務所に入れられてしまう。それを助けてくれたのが、レベッカになびいてしまったマーク・ダーシーだ。

結局丸くおさまり、周囲の友達もみんな幸せになり、ハッピーエンド。むむむ。ブリジットには幸せになってもらいたいけど、人の不幸は密の味、みんながハッピーエンドになってしまうのって、ちょっと不満。どこかでずっこけてほしいというのが本音。

それにしても世の中には、なんと「情緒的うすらばか(フィールディングの造語)」男が多いことか!そんな男を見抜くためにも、ダイエットばかりじゃなく、ちゃんと中身も鍛えなきゃ!だけど、この上なく元気に明るくなれる本だ。



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):