本日 4 人 - 昨日 19 人 - 累計 32648 人

ハヤ号セイ川をいく/フィリッパ・ピアス

2001年07月08日(日)
20010708
ハヤ号セイ川をいく/フィリッパ=ピアス
---+---+---+---+++---+---+---+---

セイ川の近くに住むデビッドは、大雨のあと、川でカヌーを見つける。どこから流れてきたのかと、カヌーに乗って川を行くと、持ち主であるアダムという少年に出会う。カヌーで遊ぶうちに、二人の間は固い友情で結ばれ、やがてアダムの祖先の宝を探す冒険へと発展する。

古き良き児童文学といった趣に冒険・ミステリーの要素が加わった物語。デビュー作であるのに、ピアスの語り口はすばらしい。よく考えられた筋立てで、子どもがわくわくするような冒険と秘密に満ちている。主人公の二人の少年の性格の対比もはっきりしているし、彼らの家族の情景も目に浮かんでくるようだ。それに、この二人の少年の素直でお行儀のよいこと!私は個人的にこういう少年たちの物語は好きである。

変に悪ぶった不良少年の話は、あまり好きではない。なので、『ハックルベリー・フィンの冒険』などのピカレスクものよりは、こういったwell manneredな子ども達の話のほうが、ずっと心穏やかに読める。

またこの時代、父親の存在の大きさというのは、絶対的なものがあったのだと改めて思った。例え、死んでいようが生きていようが、である。そういった家族の描写を読むのも、心が安らぐような気がする。かなり分厚い本で、途中中断もしていたのだが、半分以降は一気に読んだ。



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):